クレジットカードを上手に利用する方法

クレジットカードの国際ブランド

クレジットカードの国際ブランドにはVISA、マスターカード、JCB、アメリカンエキスプレス、ダイナースクラブの5つがあります。現在流通しているほとんどのクレジットカードには、そのうちのいずれかの国際ブランドが付いており、世界中どこでもそのブランドと提携している店なら利用することが可能となります。VISAマークのあるクレジットカードであれば、全てのVISA加盟店で使用できるということです。

一番加盟店が多いのが、VISAとマスターカードです。複数枚のクレジットカードを利用しようと考えているなら、カードで買い物をすることができる店ができるだけ多くなるように、カードの国際ブランドが重複しないように気をつけてカードを選ぶと良いでしょう。また、1枚のクレジットカードをより多くのお店で使いたいと考えるなら、VISAかマスターカードのマークがついたカードを保有するのが賢明と言えます。

VISAは、世界中に最も広く普及している国際ブランドです。VISAのクレジットカード加盟店は、特に東南アジアやアメリカなどに多く存在しています。クレジットカード会社へのブランドの付与に関しては厳しい基準があり、原則的には銀行系のクレジットカードに限定されています。

マスターカードは、VISAと並んで世界中に広く普及している国際ブランドです。マスターカードの加盟店は、特にアフリカヨーロッパなどの地域に多いようです。クレジットカード加盟店の数だけとってみれば、マスターカードはVISAと大きな差はありません。

日本唯一の国際ブランドであるJCBは、海外でのカード加盟店はそれほど多くはありませんが、よく日本人がツアー旅行で行くようなアメリカやヨーロッパ、アジアの主要都市などでは比較的よく利用されています。JCBの特徴としては、日本人が海外旅行に出かけた際のサポートが充実しているという点があります。日本国内においてはJCBの加盟店が一番多くみられます。

北米に多くのカード加盟店を持つアメリカンエキスプレスは、JCBと加盟店開放契約を結んでおり、JCBの加盟店でアメリカンエキスプレスが利用できるようになっています。アメリカンエキスプレスは、ダイナースクラブに次いで審査が厳しいとされており、このカードを持つことをステータス感じる人も多いようです。クレディセゾンはアメリカンエキスプレスと提携を行なっています。

ダイナースクラブは初めてのクレジットカードとして知られており、カード加盟店は高級店に限定されています。ダイナースクラブには、年会費が高額で入会審査が厳しいという特徴があります。

クレジットカードの国際決済の仕組みとは?

クレジットカードを海外旅行先などで使用した場合には、ほとんどのケースではVISA、マスターカード、ダイナースクラブ、アメリカン・エキスプレス、JCBといった国際ブランドで決済が行なわれ、利用した通貨が日本円で請求されることになります。

国際カードとは、系列を超えてワールドワイドに利用できるネットワークを持つクレジットカードのことをいいます。世界中に加盟店があって、世界各国どこでも使える汎用性の高いクレジットカードを国際カードと呼び、発行元としては、VISA、マスターカード、ダイナースクラブ、アメリカン・エキスプレス、JCBの5社の名前を挙げることができます。国際カードと呼ばれるクレジットカードの中でも特に、VISAとマスターカードは世界の2大カードと呼ばれることがあるほど、加盟店数といった面で他のクレジットカード会社を圧倒しています。

国際カードと呼ばれるクレジットカードを発行するためには、さまざまな課題をクリアしていかなければなりません。主な条件としては、24時間オーソリゼーション体制が整備されていること、海外におけるクレジットカード加盟店開拓の実力・実績があること、また国際的な信用決済システムが確立されていること、というようなものがあり、これら3つの条件を満たさなければ認めてはもらえません。つまり、世界中のどこでその会社のクレジットカードが使用されても、即座に決済ができるインフラの整備に加え、クレジットカード加盟店の開拓にも力を発揮しなければならないのというわけなのです。

世界各国で使うことができるクレジットカード業務を行ないたいという銀行やカード会社に対して、国際ブランドはライセンスの提供を行ない、自社で構築した国際決済ネットワークを使える権利であるブランドマークの貸与を行なうことになります。国内にあるクレジットカード会社は、発行するカードの券面から「VISA」あるいは「MasterCard」というようなブランドマークを取り去った時点で、国際的な決済ネットワークでは使用不可となり、クレジットカードの国際決済ができなくなってしまうのです。

逆の味方をすれば、国際的に通用するクレジットカード業務を行ないたいと考える銀行や国内のカード会社にとっては、「VISA」あるいは「MasterCard」などの国際ブランドのメンバーとして認められさえすれば、そこが運営する国際決済ネットワークを利用することができるということになります。

クレジットカードの審査は厳しい

新たにクレジットカードの申し込みを行なった場合には、クレジットカード会社による入会審査が実施されます。書面による入会の申し込みを受け付けた段階では、カード会社としては、将来的にその申込者が優良会員となるのかそうでないかを確実に知ることはできません。クレジットカードの入会審査は、それぞれのカード会社が独自に行なっているもので、クレジットカード業界においては最も大切な業務のひとつであると考えられています。

クレジットカード会社の入会審査は、申込者のそれ以前のデータや履歴をみることによって得られる経験則に照らし合わせてその人の「個人信用」を判断し、公正な視点から返済能力や返済意思の有無を問うという作業です。近年ではクレジットカードの入会審査は電子的に行なわれることが主流となっており、「スコアリングシステム」などと呼ばれる仕組みを採用するところも増えているようです。

では、クレジットカードの入会審査におけるスコアリングシステムとは、どのようなものでしょうか?これは、カード申込者の職業や年収といったデータから、その人のリスクを統計学的にコンピューターで計算し、予審の可否を判断しようという仕組みです。スコアリングシステムを利用すれば、新規にクレジットカードの申し込みを行なった人が先々優良顧客となるかそうでないかを点数で予測することができると考えられています。
スコアリングシステムにおいては、「スコアリングテーブル」と呼ばれる信用調査の採点表が用いられます。ここでは、クレジットカードを申し込んだ人の年齢や、持ち家、賃貸、一戸建て、マンション、アパートといった住宅状況、また給与所得者であれば勤務先がどのようなところであるか(一部上場企業、二部上場企業、官公庁など)というような項目について、ひとつひとつ点数がつけられていくことになります。
スコアリングテーブルを作成するためにはまず、過去の一定期間に受付を行なったクレジットカードの申込書を全て集め、一般カードやゴールドカードといったクレジットカードのランクがあればそれぞれの申込書に分類して母集団を選び、結果として優良口座になった申込書、不良口座になった申込書、そして最初から受けつけられなかった申込書の3つにグループ分けを行ないます。それらをもとにして属性項目と各項目の評価点が決まると、どこまでの点数の申し込みを受けつけるかという経営的な判断がなされることになるのです。  

 クレジットカードの将来性は未知数

「消費者販売信用」と漢字で書くといかにも難しいもののように思えますが、これはクレジットカード決済で、商品やサービスなどを後払いで販売する仕組みのことを言うものです。今では非常に身近なものとなったクレジットカードですが、今後はどのように変わっていくのでしょうか?

消費者販売信用という言葉の中には、テレビショッピングなどでよく聞くような一定の金額を月々何回かに分けて支払うというような月賦払いや、一般的なクレジットカード決済が含まれることになります。景気が回復してきたとはいえまだ利益が低迷している企業も多く見られる中で、消費者信用産業を中心とするクレジット産業全般は、好調に推移を続けているようです。その背景には、消費者の買い控え傾向が、後払いや分割払いを選択させる後押しとなっていることや、早く商品を販売したい店側が、手元に現金がなくても購入できる仕組みを好んで採用するというようなことがあると言えるでしょう。クレジットカードによる支払いが決済方法の主流となりつつある今、消費者販売信用は、時代の流れを受けて成長していく分野であると言えそうです。

また、急速なインターネットの普及に伴い通信販売の分野も広がりをみせ、クレジットカード決済が当たり前に行なわれるネットショッピングも、ごく普通のこととなりました。クレジットカードには今後、さらにさまざまな役割や機能が要求されていくことになるでしょう。

本人認証を簡単に行なうことができるようにするCATと呼ばれる無線式の簡易端末の登場により、タクシーの利用料金をクレジットカードで支払うこともできるようになりました。JRでも、乗車券や定期券のクレジットカード購入ができる場面が増え、さらには電話料金、やガス、電気、水道料金といった公共料金にもクレジットカード決済が進出しつつあります。

日本においては、はじめは一部の富裕層のものとしてとらえられていたクレジットカードが、海外旅行ブームに乗って一躍一般の人たちにも親しまれるようになり、今ではその活躍の場はさらに活躍しつつあります。ショッピングや旅行など、個人の趣味や楽しみの場所で使われることが多かったクレジットカードが、昨今ではより身近な生活の場においても使われるようになりました。小銭程度の小額の利用にもクレジットカードを利用することが普通になり、クレジットカードの利用シーンはさらに広がっていくものと考えられます。

クレジットカードの年会費を節約する

クレジットカード会社は、クレジットカード業務によって収益をあげ、企業経営を行なうものです。クレジットカード会社の収益となるものとしては、リボルビング払いや分割払いなどが適用された場合の手数料や、それぞれの加盟店においてカードが利用された額に応じて支払われる加盟店手数料、キャッシングサービスが利用された場合の金利収入などがありますが、クレジットカード会員から得られる年会費もカード会社の収益源の一つとしてあげることができます。

クレジットカードの年会費とは、そのカード会社と契約してクレジットカードを貸与された会員が、カード会社に対して支払う手数料です。年会費は一枚のクレジットカードに対して必要とされるものであるため、単純に考えればカードの発行枚数が増えれば増えるほど、カード会社の収益も増加することになります。クレジットカードの年会費は、1000円程度のものもあれば、10000円以上かかる場合もあります。これらの年会費は主に、登録された会員データを管理したり、カードに付帯するさまざまなサービスを提供したりするためにつかわれています。

さて、ほとんど使っていないクレジットカードの中に、実は年会費が必要なものが混ざっていたということはありませんか?年会費は自動で引き落とされることがほとんどであるため、うっかりしていると、気付かないうちに損をしてしまっているかもしれません。クレジットカードの入会キャンペーンなどでは「初年度年会費無料」というようなサービスもよくあるものです。1年目に年会費がかかっていなかったからと言って油断せず、手持ちのクレジットカードにかかるコストにはよく注意し、必要のないものは整理してしまうことも大切です。
最近では、カードに入会した最初の年度だけと言わずその後もずっと年会費がかからないクレジットカードが増えてきました。大手スーパーやドラッグストア、コンビニなど、年会費無料のカードを発行しているところは数多くありますので、出費をできるだけ抑えたい人はチェックしてみると良いでしょう。年会費無料とはいえ、ポイントプログラムなどのお得なサービスが充実しているカードも多いので、賢く活用したいものです。また、年会費がかからないカードでも海外旅行傷害保険がついているものが増えているので、年に何度も海外旅行に出かけるような人であれば、このような点にも注目してカード選びをすると良いでしょう。

最新登録サイト表示

# サイト名 PR リンク

TOP紹介サイト

# サイト名 PR リンク

登録フォーム

ページランク7以上の方が申し込みできます。

下記リンクタグを掲載後にお申し込みください。

<a href="http://www..com/" target="_blank">●</a>

サイト名と紹介文
( 30 文字以内 )

タグ [ < ,> ] は使用不可。 編集・削除機能はありませんので慎重に!
登録ページURL
末尾が 「 / 」 のURLしか登録できません。